パーキンソン病

パーキンソン病の訪問リハビリマッサージ

パーキンソン病の運動症状の中で最も日常生活範囲の妨げとなる歩行障害、当院の患者さんの訴えでよく耳にする不安定姿勢。主に堺市、高石市の患者様を担当する当院の訪問リハビリマッサージでは歩行障害の症状緩和、安定した姿勢の確保に特に重点を置いて施術しています。

歩行障害では、すり足歩行やすくみ足、腕振りの消失等、通常歩行では発生しない問題が出てきます。当院では、これはパーキンソン病になると脳からの運動パターンが上手く身体に伝わらない為の運動機能障害と考えております。

パーキンソン病は脳神経に問題があるので歩くための筋力トレーニングやリハビリばかりをしていてもなかなか改善に繋がりません。

では、どの様にすればよいのか。

患者さんはこれまで無意識に出来ていたので特に意識もしていなかったと思うのですが常に行動する時に頭で考える(意識してもらう)様にしてもらいます。

例えば、歩行する時には腕を振って歩く為の意識「うで」「うで」、すり足歩行やすくみ足で前になかなか進めない時は「かかと」「かかと」や「もも」「もも」と動きに必要な身体の部分を頭の中で繰り返す、又は口に出しながら行動してもらいます。こうすることにより脳からの運動の信号が意識的に身体の運動パターンに繋がるようにします。

さらに、筋肉の固縮による関節拘縮が生じます。この為、下肢の歩行に必要な関節が上手く動かなくなり転倒の原因になったりもします。当院では、拘縮予防や良い運動パターンを覚える為にこの様な症状では機能肢位(日常動作において不自由の少ない関節の角度)を保持しながらの関節運動や歩行訓練等を施術に加えて行っています。

不安定な姿勢の改善には、機能的肢位での関節運動や、歩行・坐位訓練でも効果を得れます。が、安定した姿勢保持には土台である骨盤が大きく影響します。

骨盤の周囲の筋肉が固縮し硬くなることにより正しい骨盤の角度や動き、向きが正常を保てなります。

そこで骨盤に影響している硬くなった筋肉を特定しその筋肉にあったほぐし方でほぐし、正しい姿勢を保持する為に必要な筋肉をリハビリトレーニングにより獲得していきます。

上記のように当院では、ただ「気持ちがいいマッサージ」ではなく「自分の力でもっと歩けるように」「日常生活動作が向上するためのリハビリマッサージ」を必要としている方に全力でサポートいたします。

堺市、高石市のパーキンソン病で歩行でお困りの方の訪問リハビリマッサージなら




    あしだ訪問マッサージ鍼灸治療院

〜医療保険適応のリハビリマッサージ〜
〒591-8022

大阪府堺市北区金岡町3045-1-102
無料体験お申し込み、お問い合わせは

0120-63-4976

パーキンソン病の運動症状

パーキンソン病での運動症状には次の様な症状がみられます。

・安静時振戦                   

 左右差があり最初に出た方に強く現れる傾向があります。

・固縮

ご本人は固縮を感じることはなく、まだ随意運動の障害にもなりませんが症状確認時に関節をこちらで動かした時に抵抗が感じられ初めて分かる症状です。

・動作緩慢

動きや歩行がゆっくりとなり、着替えや立ち上がり動作に時間がかかるようになります。

・すり足歩行

通常歩行では踵から足を出しますが歩行時足を出す時につま先から出るようになります。

・腕振り消失

通常歩行では自然と腕を振って歩きますが歩く時の自動的な腕の振りが消失します。

・前傾姿勢

歩く時に前かがみの姿勢になります。

・後方突進

後ろから肩に手を掛けて引くと後方にトットットっと歩き始め姿勢を立て直すことが難しくなります。

・仮面様顔貌

表情の表出が乏しくなります。瞬きが少なくなるのも仮面様顔貌が原因です。

・小声

声が小さくなる現象です。

・よだれ

パーキンソン病になると無意識に何かをすることが難しくなります。唾液が多くなるのではなく無意識に飲み込むことができなくなり口の中に溜まった唾液が外にこぼれてしまうのです。

・小書症

字を書いているとだんだん小さくなる現象です。

・すくみ足

歩き始める時に最初の一歩がなかなか踏み出せない現象です。身体だけが前に行って倒れてしまうこともあります。

・嚥下障害

口の中で大量の食べ物を咀嚼したり、上手に食べ物を飲み込んだりすることが上手くいかないことがあります。

など以上の様な運動症状がみられます。




堺市、高石市でパーキンソン病のリハビリでお困りなら




    あしだ訪問マッサージ鍼灸治療院

〜医療保険適応のリハビリマッサージ〜




〒591-8022

大阪府堺市北区金岡町3045-1-102




無料体験お申し込み、お問い合わせは

0120-63-4976   

パーキンソン病の初発症状

初発症状はどちらかの手あるいは足のふるえが約50%、すり足歩行が約30%、手の動作緩慢が約20%とされています。

いつの間にか片方の手が震えたり、例えば箸を使うや字を書く等、手の細かい動作が遅くなったり、あるいは歩く時にどちらかの足を引きずっていたり、歩幅が小さくなったりします。歩行障害は稀に両方から始まることがありますが手の症状は大抵片方から始まります。

手の震えも何時でもあるわけではなく、緊張したり、人前で字を書く等した時に震えが生じるます。しかし、これらの震えは物を取ろうとしたりと手の姿勢を少し変えると止まったりするので進行するまでなかなか気付かれないことも多いようです。

この様な症状が気になったら医師に診察してもらいましょう。

堺市、高石市のパーキンソン病で姿勢や歩行にお困りなら

    あしだ訪問マッサージ鍼灸治療院

〜医療保険適応のリハビリマッサージ〜




〒591-8022

大阪府堺市北区金岡町3045-1-102




無料体験お申し込み、お問い合わせは

0120-63-4976

パーキンソン病の原因

パーキンソン病の運動症状の責任病巣は中脳黒質にあります。黒質の中に沢山の神経細胞がありその神経細胞の中にニューロメラニンという黒色の色素が沢山詰まっているのですがパーキンソン病を患うと黒質の神経細胞(ニューロメラニン細胞)が減っていくのです。

この神経細胞(ニューロメラニン細胞)は老化でも数が減少するのですがそれ以上に減少するのがパーキンソン病の特徴です。

黒質の神経細胞(ニューロメラニン細胞)はドパミンという物質を使って他の神経細胞と情報交換を行うのですがこのドパミンの低下がパーキンソン病の様々な運動症状を引き起こすのです。

運動症状を起こすのは主に線条体にある被殻のドパミン低下によるとされています。

このように特定の核の神経細胞が減っていく疾患は脳にはたくさんありそれらはまとめて変性疾患と呼ばれています。 パーキンソン病は変性疾患の一種といわれています。

堺市、高石市のパーキンソン病でお困りなら

     あしだ訪問マッサージ鍼灸治療院

〜医療保険適応のリハビリマッサージ〜




〒591-8022

大阪府堺市北区金岡町3045-1-102

無料体験お申し込み、お問い合わせは

0120-63-4976

Copyright(c) 堺市の合同会社ASS All Rights Reserved.